紙幣の肖像となった女性達 Vol.2 米紙幣初の黒人女性 『ハリエット・タブマン』


弱者に希望と勇気をもたらした世界の女性にフォーカスし、特に紙幣の肖像に選ばれた偉人の知性を紹介する連載企画。

国民が世界に誇れる功績を持ち、一般的によく知られている人物が選考の基準とされているなかで、実は女性が選ばれることがとても少ないことにお気付きでしたでしょうか?
世界で数えるほどしかいない女性肖像偉人たちの超越した生き方と、愛で世界を包んだ女子力を学ぶ。
第二回は2020年に起用される米紙幣初の黒人女性 『ハリエット・タブマン』です。

元奴隷で奴隷解放運動家

出典:American Center ハリエット・ダフマン(左端)

1640年代よりアメリカでは黒人を所有物とすることが許される奴隷制度が一般化されており、家畜同然の扱いをされた奴隷たちは自由を求め脱走が相次いだため、逃げた奴隷が厳罰に処罰される逃亡奴隷法が1850年に施行された。これにより白人の権力がさらに増す構図がつくられていきます。

保安官は黒人を捕獲し、所有主に戻すことで多くの賄賂を手にしていため、当時はまだ少なかった一般市民であった黒人も不法に逮捕されたり、なかには売り出されることすらありました。奴隷を取り巻く環境は非常に劣悪で、強制労働、所有主の欲の捌け口とし扱われるなど人間として認められることはおよそなかった。

そんな時代にハリエット・タブマンはメリーランド州の奴隷家族、9人兄弟の5女として生まれます。

アメリカでも工業での発展を遂げた北部は奴隷制度への反対派が多いことを知り、彼女は両親や夫を残し北極星を目印として北に逃亡します。見つかったら殺される危険や、所有主から懸賞金をかけられながらも、奴隷をひとりでも多く自由にすることを願う心が彼女を導いたのです。

奴隷を自由にする秘密結社「地下鉄道(Underground Railroad)」に加わり、13回に渡り奴隷制度が色濃く残る地域へ潜入し、死と隣り合わせの旅をして300人の命を救うことになります。ついには自分の両親も救い出し、ニューヨーク州オーバーンに住みながら、奴隷の廃止だけではなく女性の権利も訴え各地を巡り講演活動を開始。

ちなみに「地下鉄道」は名前のような鉄道ではなく、奴隷解放支持者たちが彼らを救うためのネットワークの総称であり、かくまってくれる家だったり、人目につかない裏道を指す。ハリエットは逃亡の手助けを失敗したことがなく、南部と北部をつなぐ秘密のルートや人脈を持っていたため、1861年の南北戦争では看護婦の顔を持ちつつスパイとして参加をし、カンビー川沿いの南軍の要塞を破壊し750人の奴隷を救出作戦を成功に導く。

戦後、やっと人間らしい生活を手にできると信じたのもつかの間、人種差別は根深く年金の支給を拒否され貧困のまま生活を送った。しかし彼女は、黒人、女性の地位の向上を諦めず、さらには貧しい人々を救うために活動を続け、最後にやっと手にした陸軍から少額の年金を自分のためには使わず、両親と逃げたオーバーンの地に高齢者と貧困者用の木造の施設を建てた。彼女は1913年に亡くなるまでのその施設で働き、貧困のまま人生の幕を下ろします。

イコブ・ルー(Jacob Lew)米財務長官は2016年4月に新たな5ドル、10ドル、20ドルの各紙幣のデザイン上の変更点を発表。ハリエット・タブマンは新紙幣のデザインをめぐる60万人以上を対象とした調査で、1位を獲得。

https://www.afpbb.com/articles/-/3084703

ここからはハリエット・タブマンや奴隷時代をもっと知ることが出来る動画や書籍を介します。

ハリエット・タブマンの驚くべき勇気

黒人のモーセと称されるハリエットの人生をTEDが動画化、泣けます。
講師:ジャネル・ホブソン、監督:ヤン・ダン・ウォン。

奴隷制度から逃れ、家族を守るためにあらゆる危険に立ち向かい、軍による襲撃を引率し、女性参政権運動を擁護しました。そして、これらはアメリカの極めて勇敢な偉人が成し遂げた、ほんの一握りの功績でしかありません。ハリエット・タブマンの自由を得るための幾多の戦いについて、ジャネル・ホブソンが語る。

地下鉄道

ハリエット・タブマンたちの「地下鉄道(Underground Railroad)」を秘密結社ではなく、「地下の鉄道(subway)」だったらという設定で書かれたフィクション小説。奴隷時代の黒人の苦悩や環境がはっきりと描かれ、100年経とうが忘れるべきではないという警鐘を、オルタナ右派の台頭により人種間の問題が多発しているアメリカに投じた。


地下鉄道

ハリエット・タブマンがいかに危険な道を選んだのか、そしてその選択肢自体があり得ないものだったということがこの1冊で知ることができます。今では笑い話なのですが、読んだ当時は圧巻の描写力に本当に地下鉄道があるものだとばかり、調べても線路は出てこないはずです。

コーラはランドル農園の奴隷だ。身よりはなく、仲間たちからは孤立し、主人は残虐きわまりない。ある日、新入りの奴隷に誘われ、彼女は逃亡しようと決意する。農園を抜け出し、暗い沼地を渡り、地下を疾走する列車に乗って、自由な北部へ…。しかし、そのあとを悪名高い奴隷狩り人リッジウェイが追っていた!歴史的事実を類まれな想像力で再構成し織り上げられた長篇小説。世界を圧倒した奴隷少女の逃亡譚。

ピュリッツァー賞、全米図書賞、アーサー・C・クラーク賞、カーネギー・メダル・フォー・フィクション、シカゴ・トリビューン・ハートランド賞、レガシー・フィクション賞、インディーズ・チョイス・ブック・アワード受賞!ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーAmazon.comが選ぶ2016年のNo.1。

【インタビュー】コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』-Them magazine-

それでも夜は明ける

1841年にワシントンD.C.で誘拐され売られた黒人奴隷ソロモン・ノーサップによる奴隷体験記 “Twelve Years a Slave”が原作となり制作された本作は、人間としての権利を剥奪された12年間の壮絶な体験が描かれている。事実であることにショックを受け、二度と同じことを繰り返してはいけないと誓う2時間になるはず。

第86回 アカデミー賞作品賞受賞作品。

奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。主人公が体験した壮絶な奴隷生活の行方、そして絶望に打ち勝つ希望を描き出す。
監督は『SHAME -シェイム-』のスティーヴ・マックィーン、黒人男性を『2012』などのキウェテル・イジョフォーが演じる。共演には、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ブラッド・ピットら豪華キャストがそろう。


それでも夜は明ける [Blu-ray]